108D41 33歳の女性。会社の健康診断で肝機能異常を指摘され来院した。…

33歳の女性。会社の健康診断で肝機能異常を指摘され来院した。3年前から肝機能異常を指摘されていたが、これまでに比較し悪化したため受診した。身長162cm、体重72kg。腹部は軽度膨隆、軟で、肝・脾を触知しない。飲酒はワイン300ml/日を10年間。血液所見:赤血球458万、Hb14.3g/dl、Ht44%、白血球6,300、血小板26万、PT98%(基準80~120)。血液生化学所見:アルブミン4.4g/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST 102IU/l、ALT 146IU/l、ALP 326IU/l(基準115~359)、γ-GTP 92IU/l(基準8~50)、クレアチニン0.9mg/dl、血糖98mg/dl、HbA1c(NGSP)5.9% (基準4.6~6.2)。免疫血清学所見:HBs抗原陰性、HBc抗体陰性、HCV抗体陰性。
 次に行うべき検査はどれか。

1. PET/CT
2. 腹部単純CT
3. 腹部造影MRI
4. 腹部超音波検査
5. 磁気共鳴胆管膵管撮影<MRCP>





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60