108D42 42歳の女性。2日間の咽頭痛と40℃の発熱を主訴に来院した。…

42歳の女性。2日間の咽頭痛と40℃の発熱を主訴に来院した。2か月前に甲状腺機能亢進症と診断され、チアマゾール30mg/日を1か月前から内服している。身長 155cm、体重45kg。体温40.2℃。脈拍92/分、整。血圧106/68mmHg。呼吸数40/分。SpO298%(room air)。両側の頸部に圧痛を伴う径1~2㎝のリンパ節を数個触知する。咽頭の著しい発赤と腫脹を認める。血液所見:赤血球468万、Hb13.9g/dl、Ht42%、網赤血球6%、白血球1,300(桿状核好中球0%、分葉核好中球0%、単球1%、リンパ球99%)、血小板21万。血液生化学所見:TSH 0.03μU/ml未満(基準0.2~4.0)、FT3 4.0pg/ml(基準2.5~4.5)、FT4 1.1ng/dl(基準0.8~2.2)。CRP 26mg/dl。
 胸部エックス線写真に異常を認めない。
 抗菌薬の投与とともに行うべきなのはどれか。

1. 顆粒球輸血を行う。
2. 赤血球輸血を行う。
3. 昇圧薬を投与する。
4. チアマゾールを中止する。
5. 副腎皮質ステロイドを投与する。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60