108D43 52歳の女性。ふらつきと視力低下とを主訴に来院した。1か月前…

52歳の女性。ふらつきと視力低下とを主訴に来院した。1か月前から頭重感があり、1週前からふらつきと左眼の見にくさとを自覚していた。既往歴に特記すべきことはない。母親が高血圧。意識は清明。身長157cm、体重56kg。体温36.0℃。脈拍96/分、整。血圧268/166mmHg。呼吸数16/分。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫を触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血(-)、沈渣に円柱を認めない。血液所見:赤血球382万、Hb10.5g/dl、Ht32%、白血球4,000、血小板2.5万。血液生化学所見:総蛋白7.6g/dl、アルブミン4.9g/dl、尿素窒素38mg/dl、クレアチニン26mg/dl、尿酸6.2mg/dl、血糖106mg/dl、HbA1c(NGSP)58%(基準4.6~6.2)、総コレステロール242mg/dl、Nal41mEq/l、K3.8mEq/l、Cl 107mEq/l、Ca9.6mg/dl、P4.0mg/dl。心電図で左室肥大所見を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比56%。腹部超音波検査で腎尿路系に異常を認めない。各種ホルモン検査を提出した。
 次に行う検査として適切なのはどれか。

1. 脳波検査
2. 眼底検査
3. 呼吸機能検査
4. 腎生検
5. 静脈性尿路造影





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60