108D44 63歳の女性。筋層浸潤性膀胱癌の精査加療目的で入院中である。…

63歳の女性。筋層浸潤性膀胱癌の精査加療目的で入院中である。入院前に施行した血液検査では異常を認めなかった。膀胱内視鏡検査では、膀胱三角部から膀胱頸部に広がる広基性非乳頭状腫瘍を認め、両側の尿管口は同定できなかった。胸腹部造影CTでは明らかな転移は認めなかった。入院後、全身倦怠感を訴えている。1日尿量は急に低下してきている。緊急に行った血液生化学検査では尿素窒素63mg/dl、クレアチニン5.6mg/dl、K4.8mEq/lであった。腹部超音波像を示す。残尿量は40mlであった。
 対応として適切なのはどれか。

1. 血液透析
2. 腎瘻造設術
3. 膀胱全摘術
4. 尿管ステント留置
5. 経尿道的膀胱腫瘍切除術





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60