108D45 35歳の女性。脱力を主訴に来院した。9か月前から徐々に歩行時…

35歳の女性。脱力を主訴に来院した。9か月前から徐々に歩行時の疲れやすさを自覚し、2か月前に手すりにつかまらないと階段を昇れないことに気付いた。1か月前から洗髪時に腕を挙げるのが難しくなり、洋式便器から立ち上がることができなくなった。身長164cm、体重56kg。胸腹部と脳神経とに異常を認めない。徒手筋力テストで頸部屈筋は2、四肢筋力は左右対称に近位筋は3、遠位筋は4と低下している。筋痛、筋把握痛はない。血液生化学所見:総蛋白7.5g/dl、アルブミン3.7 g/dl、AST 52IU/l、ALT 42IU/l、CK 870IU/l(基準30~140)。脳脊髄液所見に異常を認めない。左上腕二頭筋生検のH-E染色標本を示す。
この患者でみられるのはどれか。

1. 末梢神経伝導速度低下
2. ミトコンドリアDNAの欠失
3. 抗アセチルコリン受容体抗体陽性
4. 針筋電図で刺入時ミオトニー放電
5. 四肢MRIのT2強調像で筋内の高信号





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60