108D47 61歳の男性。手のこわばりを主訴に来院した。4か月前からRa…

61歳の男性。手のこわばりを主訴に来院した。4か月前からRaynaud現象と手のこわばりとを自覚していた。意識は清明。体温37.3℃。脈拍72/分、整。血圧130/84mmHg。呼吸数16/分。SpO295%(room air)。上肢と体幹に皮膚硬化を認める。心音に異常を認めない。呼吸音は両側の背下部にfine cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。尿所見:蛋白1+、潜血(-)、沈渣に硝子円柱1/数視野。血液所見:赤血球383万、Hbl2.0g/dl、Ht35%、白血球9,200、血小板28万。血液生化学所見:総蛋白6.9g/dl、アルブミン3.5g/dl、IgG 1,686mg/dl(基準960~1,960)、IgA 255 mg/dl(基準110~410)、IgM 70 mg/dl (基準65~350)、AST 20IU/l、ALT 12IU/l、LD 177IU/l(基準176~353)、尿素窒素11.1mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、尿酸6.9mg/dl、血糖98 mg/dl、Na139mEq/l、K3.9 mEq/l、Cl 104 mEq/l。免疫血清学所見:CRP 1.3mg/dl、抗核抗体1,280倍(基準20以下)、抗Scl-70抗体陽性。胸部CTで両側下葉に網状影を認める。皮膚硬化に対してプレドニゾロン30mg/日を投与した。1週後に血圧が180/100mmHgに上昇し、クレアチニン1.9mg/dl、尿酸9.0mg/dl、Na138mEq/l、K4.5mEq/l、Cl106mEq/lとなった。
 現時点での治療法として最も適切なのはどれか。

1. 利尿薬の投与
2. 免疫抑制薬の投与
3. 尿酸排泄促進薬の投与
4. 副腎皮質ステロイドの増量
5. アンジオテンシン変換酵素<ACE>阻害薬の投与





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60