108D48 70歳の女性。3週前に右大腿部の蜂窩織炎で入院した。セフアゾ…

70歳の女性。3週前に右大腿部の蜂窩織炎で入院した。セフアゾリンの投与により軽快したが、2日前から38℃の発熱と1日10回の下痢が出現した。意識は清明。体温38.5℃。脈拍120/分、整。血圧110/60mmHg。呼吸数20/分。血液所見:赤血球320万、Hbl0.3g/dl、Ht31%、白血球19,300(分葉核好中球72%、好酸球2%、単球10%、リンパ球16%)、血小板19万。血液生化学所見:アルブミン2.8g/dl、尿素窒素50mg/dl、クレアチニン3.8mg/dl (5日前は0.8mg/dl)、Na138mEq/l、K4.7mEq/l、Cl 109mEq/l。下部消化管内視鏡像を示す。
 最も考えられるのはどれか。

1. Crohn病
2. 偽膜性腸炎
3. 虚血性大腸炎
4. 潰瘍性大腸炎
5. 腸管出血性大腸菌感染症





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60