108D49 39歳の男性。上腹部痛を主訴に来院した。昨日、夕食に自分で釣…

39歳の男性。上腹部痛を主訴に来院した。昨日、夕食に自分で釣ってきたアジ、イカなどの刺身と天ぷらを家族4人と食べ、日本酒3合を飲酒した。その後約3時間で上腹部痛が出現した。家族に症状はない。今朝まで症状が持続しているため受診した。体温36.0℃。脈拍72/分、整。血圧122/76mmHg。呼吸数12/分。腹部は平坦で、心窩部に圧痛があるが、反跳痛と筋性防御とは認めない。血液所見:赤血球464万、Hbl4.0g/dl、Ht42%、白血球8,800(桿状核好中球23%、分葉核好中球45%、好酸球10%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球16%)、血小板21万。血液生化学所見:アルブミン4.0g/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、AST 291IU/l、ALT 17IU/l、LD 187IU/l(基準176~353)、ALP 321IU/l(基準115~359)、γ-GTP 32IU/l(基準8~50)、アミラーゼ85IU/l(基準37~160)、クレアチニン0.6mg/dl。CRP 0.3mg/dl。
 確定診断に有用なのはどれか。

1. 腹部造影CT
2. 腹部超音波検査
3. 腹部エックス線撮影
4. 上部消化管内視鏡検査
5. 内視鏡的逆行性胆管膵管造影<ERCP>





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60