108D50 生後8日の新生児。哺乳量の低下と発熱とを主訴に母親に連れられ…

生後8日の新生児。哺乳量の低下と発熱とを主訴に母親に連れられて来院した。3,000gにて出生。昨日から哺乳量の低下があり、本日38℃の発熱を認めた。顔色不良で大泉門は膨隆し、易刺激性があった。血液所見:赤血球412万、Hb12.1g/dl、Ht36%、白血球25,000(桿状核好中球15%、分葉核好中球65%、単球10%、リンパ球10%)、血小板15万。血液生化学所見:血糖98mg/dl、Na 136mEq/l、K4.5 mEq/l、Cl100 mEq/l。CRP 8.9mg/dl。脳脊髄液所見:細胞数4,200/mm3(基準0~2)(単核球22%、多形核球78%)、蛋白80mg/dl(基準15~45)、糖5mg/dl(基準50~75)。
原因菌として考えられるのはどれか。2つ選べ。

1. 結核菌
2. 大腸菌
3. 肺炎球菌
4. インフルエンザ桿菌
5. B群レンサ球菌<GBS>





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60