108D55 52歳の男性。発熱と咳嗽とを主訴に来院した。3日前から39….

52歳の男性。発熱と咳嗽とを主訴に来院した。3日前から39.2℃の発熱が出現し、市販の総合感冒薬を内服したが症状が改善しなかった。昨日から咳嗽、喀痰および息切れを自覚するようになり受診した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。ペットは飼育していない。1週前に温泉に行ったという。意識は清明。体温38.5℃。脈拍96/分、整。血圧142/84mmHg。呼吸数30/分。SpO293%(リザーバー付マスク10l/分 酸素投与下)。心音に異常を認めない。右胸部にfine cracklesとcoarse cracklesとを聴取する。血液所見:赤血球390万、Hbl3.8g/dl、Ht39%、白血球8,300(桿状核好中球8%、分葉核好中球79%、好酸球1%、単球2%、リンパ球10%)、血小板24万。血液生化学所見:総蛋白5.6g/dl、アルブミン2.8g/dl、AST 40IU/l、ALT 38IU/l、LD 340IU/l(基準176~353)、CK 350IU/l(基準30~140)、尿素窒素27mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、Na 128mEq/l、K 3.6mEq/l、Cl 102mEq/l。CRP 35mg/dl。喀痰のヒメネス<Gimenez>染色標本で桿菌を認める。胸部エックス線写真にて右中下肺野に浸潤影を認める。肺野条件の胸部単純CTを示す。
 抗菌薬として適切なのはどれか。2つ選べ。

1. セファロスポリン系
2. ニューキノロン系
3. マクロライド系
4. カルバペネム系
5. ペニシリン系





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60