108D56 74歳の男性。胸やけを主訴に来院した。1年前から食後に胸やけ…

74歳の男性。胸やけを主訴に来院した。1年前から食後に胸やけが出現し、徐々に増悪して夜間に目覚めるようになったため受診した。既往歴に特記すべきことはない。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。意識は清明。身長165cm、体重78kg。脈拍76/分、整。血圧124/80mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。血液所見:赤血球467万、Hb14.1g/dl、Ht42%、白血球6,600、血小板29万。血液生化学所見に異常を認めない。上部消化管内視鏡像を示す。薬物治療を開始する予定だが、それ以外に患者から生活上の注意について質問された。
 生活指導として適切なのはどれか。2つ選べ。

1. 「体重を減らしましょう」
2. 「就寝前に軽食を食べましょう」
3. 「食後には横になって休みましょう」
4. 「上半身を少し高くして眠るようにしましょう」
5. 「症状が出たら前かがみの姿勢をとってみましょう」





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60