108D57 68歳の男性。健康診断で肺野の異常陰影を指摘され精査のため来…

68歳の男性。健康診断で肺野の異常陰影を指摘され精査のため来院した。身長175㎝、体重71kg。体温36.7℃。脈拍64/分、整。血圧134/68mmHg。呼吸数12/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球410万、Hb13.1g/dl、Ht37%、白血球5,700、血小板21万。血液生化学所見:総蛋白7.1g/dl、アルブミン3.7g/dl、AST 37IU/l、ALT31IU/l、LD l26IU/l(基準176~353)、尿素窒素19mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、Na136mEq/l、K4.5 mEq/l、Cl109 mEq/l、Ca9.2mg/dl。CRP 0.2mg/dl。呼吸機能検査所見:%VC83%、FEV1%74%。肺野条件の胸部CTと腹部造影CT再構成三次元画像とを示す。
 治療法として適切なのはどれか。2つ選べ。

1. 放射線治療
2. 右腎摘出術
3. 分子標的薬の経口投与
4. 選択的右腎動脈塞栓術
5. シスプラチンの点滴静注





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60