108D58 72歳の女性。咳と労作時息切れとを主訴に来院した。1年前から…

72歳の女性。咳と労作時息切れとを主訴に来院した。1年前から乾性咳嗽と労作時呼吸困難とを自覚し、時に朝方のこわばりも自覚していた。1か月前から増悪するため受診した。既往歴に特記すべきことはない。意識は清明。身長162cm、体重62kg。体温36.8℃。脈拍76/分、整。血圧130/60mmHg。皮疹を認めない。心音に異常を認めない。両側の背下部にfine cracklesを聴取する。両側手指の変形、腫脹および圧痛は認めない。血液所見:赤血球269万、Hb8.79/dJ、Ht25%、白血球9,700(桿状核好中球5%、分葉核好中球74%、好酸球2%、単球4%、リンパ球13%)、血小板22万。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン2.8 g/dl、AST 22IU/l、ALT12IU/l、LD 253IU/l(基準176~353)、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.1mg/dl、尿酸5.9mg/dl、脳性ナトリウム利尿ペプチド<BNP>10pg/ml(基準18.4以下)、KL-6 996U/ml(基準500未満)。免疫血清学所見:CRP 8.7mg/dl、リウマトイド因子<RF>3151U/ml(基準20未満)、抗CCP抗体65U/ml(基準4.5未満)、抗核抗体80倍(基準20以下)、サーフアクタントプロテインD<SP-D>178ng/ml(基準0~109)。動脈血ガス分析(room air):pH7.47、PaCO234 Torr、PaO263 Torr、HCO3-24mEq/l。呼吸機能検査所見:%VC63%、FEV1%79%、%DLCO 35.6%。胸部エックス線写真と肺野条件の胸部単純CTとを示す。
治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。

1. 利尿薬の投与
2. 抗菌薬
3. 免疫抑制薬
4. 副腎皮質ステロイド
5. ロイコトリエン受容体拮抗薬





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60