108D58 72歳の女性。咳と労作時息切れとを主訴に来院した。1年前から…

72歳の女性。咳と労作時息切れとを主訴に来院した。1年前から乾性咳嗽と労作時呼吸困難とを自覚し、時に朝方のこわばりも自覚していた。1か月前から増悪するため受診した。既往歴に特記すべきことはない。意識は清明。身長162cm、体重62kg。体温36.8℃。脈拍76/分、整。血圧130/60mmHg。皮疹を認めない。心音に異常を認めない。両側の背下部にfine cracklesを聴取する。両側手指の変形、腫脹および圧痛は認めない。血液所見:赤血球269万、Hb8.79/dJ、Ht25%、白血球9,700(桿状核好中球5%、分葉核好中球74%、好酸球2%、単球4%、リンパ球13%)、血小板22万。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン2.8 g/dl、AST 22IU/l、ALT12IU/l、LD 253IU/l(基準176~353)、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.1mg/dl、尿酸5.9mg/dl、脳性ナトリウム利尿ペプチド<BNP>10pg/ml(基準18.4以下)、KL-6 996U/ml(基準500未満)。免疫血清学所見:CRP 8.7mg/dl、リウマトイド因子<RF>3151U/ml(基準20未満)、抗CCP抗体65U/ml(基準4.5未満)、抗核抗体80倍(基準20以下)、サーフアクタントプロテインD<SP-D>178ng/ml(基準0~109)。動脈血ガス分析(room air):pH7.47、PaCO234 Torr、PaO263 Torr、HCO3-24mEq/l。呼吸機能検査所見:%VC63%、FEV1%79%、%DLCO 35.6%。胸部エックス線写真と肺野条件の胸部単純CTとを示す。
治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。

1. 利尿薬の投与
2. 抗菌薬
3. 免疫抑制薬
4. 副腎皮質ステロイド
5. ロイコトリエン受容体拮抗薬





正常に経過している分娩第1期の内診で触れないのはどれか。

1. 岬 角
2. 尾 骨
3. 坐骨棘
4. 小泉門
5. 矢状縫合





68歳の男性。健康診断で肺野の異常陰影を指摘され精査のため来院した。身長175㎝、体重71kg。体温36.7℃。脈拍64/分、整。血圧134/68mmHg。呼吸数12/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球410万、Hb13.1g/dl、Ht37%、白血球5,700、血小板21万。血液生化学所見:総蛋白7.1g/dl、アルブミン3.7g/dl、AST 37IU/l、ALT31IU/l、LD l26IU/l(基準176~353)、尿素窒素19mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、Na136mEq/l、K4.5 mEq/l、Cl109 mEq/l、Ca9.2mg/dl。CRP 0.2mg/dl。呼吸機能検査所見:%VC83%、FEV1%74%。肺野条件の胸部CTと腹部造影CT再構成三次元画像とを示す。
 治療法として適切なのはどれか。2つ選べ。

1. 放射線治療
2. 右腎摘出術
3. 分子標的薬の経口投与
4. 選択的右腎動脈塞栓術
5. シスプラチンの点滴静注





成人男性の背面を示す。
脊髄下端の位置に最も近いのはどれか。

1. 1
2. 2
3. 3
4. 4
5. 5





74歳の男性。胸やけを主訴に来院した。1年前から食後に胸やけが出現し、徐々に増悪して夜間に目覚めるようになったため受診した。既往歴に特記すべきことはない。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。意識は清明。身長165cm、体重78kg。脈拍76/分、整。血圧124/80mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。血液所見:赤血球467万、Hb14.1g/dl、Ht42%、白血球6,600、血小板29万。血液生化学所見に異常を認めない。上部消化管内視鏡像を示す。薬物治療を開始する予定だが、それ以外に患者から生活上の注意について質問された。
 生活指導として適切なのはどれか。2つ選べ。

1. 「体重を減らしましょう」
2. 「就寝前に軽食を食べましょう」
3. 「食後には横になって休みましょう」
4. 「上半身を少し高くして眠るようにしましょう」
5. 「症状が出たら前かがみの姿勢をとってみましょう」





合計特殊出生率、周産期死亡率、出生時の平均体重、低出生体重児の出生割合、複産<多胎>の出生割合を図に示す。それぞれ1990年における数値を100%としたときの2010年までの変化である。
合計特殊出生率はどれか。

1. 1
2. 2
3. 3
4. 4
5. 5





52歳の男性。発熱と咳嗽とを主訴に来院した。3日前から39.2℃の発熱が出現し、市販の総合感冒薬を内服したが症状が改善しなかった。昨日から咳嗽、喀痰および息切れを自覚するようになり受診した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。ペットは飼育していない。1週前に温泉に行ったという。意識は清明。体温38.5℃。脈拍96/分、整。血圧142/84mmHg。呼吸数30/分。SpO293%(リザーバー付マスク10l/分 酸素投与下)。心音に異常を認めない。右胸部にfine cracklesとcoarse cracklesとを聴取する。血液所見:赤血球390万、Hbl3.8g/dl、Ht39%、白血球8,300(桿状核好中球8%、分葉核好中球79%、好酸球1%、単球2%、リンパ球10%)、血小板24万。血液生化学所見:総蛋白5.6g/dl、アルブミン2.8g/dl、AST 40IU/l、ALT 38IU/l、LD 340IU/l(基準176~353)、CK 350IU/l(基準30~140)、尿素窒素27mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、Na 128mEq/l、K 3.6mEq/l、Cl 102mEq/l。CRP 35mg/dl。喀痰のヒメネス<Gimenez>染色標本で桿菌を認める。胸部エックス線写真にて右中下肺野に浸潤影を認める。肺野条件の胸部単純CTを示す。
 抗菌薬として適切なのはどれか。2つ選べ。

1. セファロスポリン系
2. ニューキノロン系
3. マクロライド系
4. カルバペネム系
5. ペニシリン系





緩和医療における全人的苦痛について正しいのはどれか。

1. 社会的苦痛への対応を優先する。
2. 精神的苦痛には傾聴が有効である。
3. 家族内問題による苦痛には対応しない。
4. スピリチュアルペインは身体的苦痛として対応する。
5. 身体的苦痛にはオピオイドの急速静注が必要である。





6歳の男児。左肘の痛みと腫れを主訴に母親に連れられて来院した。遊具から転落し左肘をついて受傷したとのことである。来院時、右手で左肘を支え、動かそうとしない。左肘部に開放創はないが、肘部全体に高度な腫脹を認める。手指の感覚障害は本人の協力が得られず不明だが、手指の自動運動は可能で、橈骨動脈の拍動は手関節部で良好に触知する。肘関節のエックス線写真を示す。
考えられるのはどれか。2つ選べ。

1. 肘内障
2. 肘関節脱臼
3. Monteggia骨折
4. 上腕骨顆上骨折
5. 上腕骨外側顆骨折





肝動脈化学塞栓療法の適用を決める際に最も注意すべき病歴はどれか。

1. 緑内障
2. 脂質異常症
3. ペースメーカ植込み術
4. 慢性閉塞性肺疾患<COPD>
5. ヨード造影剤によるショック





« 前ページへ次ページへ »

アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60