108D53 38歳の女性。健康診断で高血圧を指摘され来院した。数年前から…

38歳の女性。健康診断で高血圧を指摘され来院した。数年前から高血圧を指摘されていたが、時に頭痛や動悸がする程度だったのでそのままにしていた。家族歴に高血圧症や糖尿病はない。身長154cm、体重49kg。脈拍72/分、整。血圧172/110mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、血管雑音は聴取しない。尿所見:蛋白(±)、糖(-)。血液所見:赤血球430万、Hbl3.4g/dl、Ht38%、白血球4,300、血小板18万。血液生化学所見:尿素窒素11mg/dl、クレアチニン0.7mg/dl、Nal44mEq/l、K3.6mEq/l、Cl98mEq/l。心電図で軽度の左室肥大所見を認める。胸部エックス線写真に異常を認めない。
次に行うべき検査はどれか。2つ選べ。

1. 腹部単純CT
2. MIBIシンチグラフィ
3. MIBGシンチグラフィ
4. 選択的副腎静脈血サンプリング
5. 血漿レニン活性/アルドステロン濃度比測定





生後1週以内の新生児においてPIVKA-Ⅱを測定すべき症候はどれか。

1. 下 痢
2. 黄 疸
3. 吐 血
4. 多呼吸
5. チアノーゼ





電子顕微鏡による病理検査の組織固定法で最も適切なのはどれか。

1. アセトン固定
2. アルコール固定
3. 乾燥固定
4. グルタールアルデヒド固定
5. ホルマリン固定





68歳の男性。動悸と易疲労感とを主訴に来院した。身長165cm、体重63kg。体温36.5℃。脈拍92/分、整。血圧122/68mmHg。皮膚は灰褐色で眼瞼結膜は貧血様である。眼球結膜に黄染を認めない。頸部、腋窩および鼠径部の表在リンパ節は触知しない。胸骨左縁第2肋間にⅡ/Ⅵの収縮期雑音を聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫や紫斑を認めない。血液所見:赤血球233万、Hb7.1g/dl、Ht20%、網赤血球0%、白血球9,400(桿状核好中球6%、分葉核好中球54%、単球3%、リンパ球37%)、血小板32万。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン3.4g/dl、AST 56IU/l、ALT 71IU/l、LD 438 IU/l(基準176~353)、尿素窒素14mg/dl、クレアチニン0.7mg/dl、血糖98mg/dl、Fe234μg/dl(基準59~161)、不飽和鉄結合能<UIBC>67μg/dl (基準163~251)。骨髄は正形成で巨核球を散見する。胸部エックス線写真、胸部CT及び骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を示す。
 考えられるのはどれか。2つ選べ。

1. 肺癌
2. 胸腺腫
3. 赤芽球癆
4. 溶血性貧血
5. 再生不良性貧血





高齢者総合機能評価<CGA>の構成要素とその評価項目の組合せで正しいのはどれか。

1. 認知機能―――――――――――遅延再生
2. 運動機能―――――――――――言語流暢性
3. 気分・意欲――――――――――時間の見当識
4. 手段的日常生活動作――――――階段昇降
5. 基本的日常生活動作――――――食事の準備





26歳の初妊婦。妊娠37週。2時間前からの上腹部痛と悪心を主訴に来院した。前回までの妊婦健康診査では特に異常を指摘されていない。意識は清明。身長160㎝、体重66kg(非妊時58kg)。体温37.0℃。脈拍72/分、整。血圧146/92mmHg。子宮底長31cm、腹囲95cm。下腿に軽度浮腫を認める。尿所見:蛋白2+、糖(-)。血液所見:赤血球450万、Hb13.0g/dl、Ht42%、白血球10,300、血小板7.0万、血漿フィブリノゲン432mg/dl(基準200~400)。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン4.0g/dl、総ビリルビン1.6mg/dl、直接ビリルビン0.3 mg/dl、AST 184IU/l、ALT 230IU/l、LD 830IU/l(基準176~353)、γ-GTP 34IU/l(基準8~50)、尿素窒素5.0mg/dl、クレアチニン0.5mg/dl、尿酸6.9mg/dl、血糖96mg/dl、Na142mEq/l、K4.OmEq/l、CllO5mEq/l。超音波検査で胎児発育は正常であった。
 今後合併に注意すべき病態はどれか。2つ選べ。

1. 羊水過多
2. 急性腎不全
3. 妊娠糖尿病
4. 児頭骨盤不均衡<CPD>
5. 播種性血管内凝固<DIC>





我が国の精神保健福祉について正しいのはどれか。

1. 自殺者数は男性よりも女性の方が多い。
2. 精神疾患は医療法に基づく医療計画の5疾病に含まれる。
3. 精神障害は障害者の雇用の促進等の法律の対象とならない。
4. 精神科の人口当たり入院病床数は他のOECD諸国に比べて少ない。
5. 精神疾患の自立支援医療費の支給は維持治療期になれば中止される。





生後8日の新生児。哺乳量の低下と発熱とを主訴に母親に連れられて来院した。3,000gにて出生。昨日から哺乳量の低下があり、本日38℃の発熱を認めた。顔色不良で大泉門は膨隆し、易刺激性があった。血液所見:赤血球412万、Hb12.1g/dl、Ht36%、白血球25,000(桿状核好中球15%、分葉核好中球65%、単球10%、リンパ球10%)、血小板15万。血液生化学所見:血糖98mg/dl、Na 136mEq/l、K4.5 mEq/l、Cl100 mEq/l。CRP 8.9mg/dl。脳脊髄液所見:細胞数4,200/mm3(基準0~2)(単核球22%、多形核球78%)、蛋白80mg/dl(基準15~45)、糖5mg/dl(基準50~75)。
原因菌として考えられるのはどれか。2つ選べ。

1. 結核菌
2. 大腸菌
3. 肺炎球菌
4. インフルエンザ桿菌
5. B群レンサ球菌<GBS>





後天性免疫不全症候群<AIDS>の指標疾患に含まれるのはどれか。

1. 胃 癌
2. 乳 癌
3. 卵巣癌
4. 大腸癌
5. 子宮頸癌





39歳の男性。上腹部痛を主訴に来院した。昨日、夕食に自分で釣ってきたアジ、イカなどの刺身と天ぷらを家族4人と食べ、日本酒3合を飲酒した。その後約3時間で上腹部痛が出現した。家族に症状はない。今朝まで症状が持続しているため受診した。体温36.0℃。脈拍72/分、整。血圧122/76mmHg。呼吸数12/分。腹部は平坦で、心窩部に圧痛があるが、反跳痛と筋性防御とは認めない。血液所見:赤血球464万、Hbl4.0g/dl、Ht42%、白血球8,800(桿状核好中球23%、分葉核好中球45%、好酸球10%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球16%)、血小板21万。血液生化学所見:アルブミン4.0g/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、AST 291IU/l、ALT 17IU/l、LD 187IU/l(基準176~353)、ALP 321IU/l(基準115~359)、γ-GTP 32IU/l(基準8~50)、アミラーゼ85IU/l(基準37~160)、クレアチニン0.6mg/dl。CRP 0.3mg/dl。
 確定診断に有用なのはどれか。

1. 腹部造影CT
2. 腹部超音波検査
3. 腹部エックス線撮影
4. 上部消化管内視鏡検査
5. 内視鏡的逆行性胆管膵管造影<ERCP>





« 前ページへ次ページへ »

アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60