108D42 42歳の女性。2日間の咽頭痛と40℃の発熱を主訴に来院した。…

42歳の女性。2日間の咽頭痛と40℃の発熱を主訴に来院した。2か月前に甲状腺機能亢進症と診断され、チアマゾール30mg/日を1か月前から内服している。身長 155cm、体重45kg。体温40.2℃。脈拍92/分、整。血圧106/68mmHg。呼吸数40/分。SpO298%(room air)。両側の頸部に圧痛を伴う径1~2㎝のリンパ節を数個触知する。咽頭の著しい発赤と腫脹を認める。血液所見:赤血球468万、Hb13.9g/dl、Ht42%、網赤血球6%、白血球1,300(桿状核好中球0%、分葉核好中球0%、単球1%、リンパ球99%)、血小板21万。血液生化学所見:TSH 0.03μU/ml未満(基準0.2~4.0)、FT3 4.0pg/ml(基準2.5~4.5)、FT4 1.1ng/dl(基準0.8~2.2)。CRP 26mg/dl。
 胸部エックス線写真に異常を認めない。
 抗菌薬の投与とともに行うべきなのはどれか。

1. 顆粒球輸血を行う。
2. 赤血球輸血を行う。
3. 昇圧薬を投与する。
4. チアマゾールを中止する。
5. 副腎皮質ステロイドを投与する。





33歳の女性。会社の健康診断で肝機能異常を指摘され来院した。3年前から肝機能異常を指摘されていたが、これまでに比較し悪化したため受診した。身長162cm、体重72kg。腹部は軽度膨隆、軟で、肝・脾を触知しない。飲酒はワイン300ml/日を10年間。血液所見:赤血球458万、Hb14.3g/dl、Ht44%、白血球6,300、血小板26万、PT98%(基準80~120)。血液生化学所見:アルブミン4.4g/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST 102IU/l、ALT 146IU/l、ALP 326IU/l(基準115~359)、γ-GTP 92IU/l(基準8~50)、クレアチニン0.9mg/dl、血糖98mg/dl、HbA1c(NGSP)5.9% (基準4.6~6.2)。免疫血清学所見:HBs抗原陰性、HBc抗体陰性、HCV抗体陰性。
 次に行うべき検査はどれか。

1. PET/CT
2. 腹部単純CT
3. 腹部造影MRI
4. 腹部超音波検査
5. 磁気共鳴胆管膵管撮影<MRCP>





42歳の男性。高血圧治療の定期受診のため来院した。2年前から本態性高血圧と診断され、朝1回、降圧薬を服用している。これまでの外来における診察室血圧は130/80mmHg前後であった。家庭血圧の自己測定を始めたところ、早朝起床時に162/96mmHg前後であるという。喫煙歴はない。身長165cm,体重82kg。受診時、脈拍88/分、整。診察室血圧128/78mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。
今後の対応として適切でないのはどれか。

1. 降圧薬の内服状況を再確認する。
2. 降圧薬の追加や投与時間の変更を検討する。
3. 定期的に高血圧に伴う臓器障害を評価する。
4. 24時間自由行動下血圧<ABPM>を測定する。
5. 血圧測定を降圧薬の内服後に変更するよう指導する。





46歳の男性。腰痛と食欲不振とを主訴に来院した。2年前に肺扁平上皮癌のため手術を受けた。8か月前に両側の肺と肝臓とにそれぞれ多発転移を認めた。3か月にわたり抗癌化学療法を受け、腫瘍はいずれも著明に縮小した。2か月前に腰痛を自覚し、CTにて第2腰椎への転移を認めた。非ステロイド性抗炎症薬の投与と腰椎への放射線治療を行ったところ良好な疼痛コントロールが得られた。しかし2週前から腰痛が強くなり、同時に全身倦怠感と食欲低下もあり、日中の半分以上を臥床して過ごすようになった。特に最近数日間は腰痛がひどく、内服薬と水分しか摂れなくなった。意識は清明。身長168cm、体重49kg。体温36.9℃。脈拍92/分、整。血圧110/72mmHg。呼吸数18/分。SpO296%(room air)。るいそうを認める。胸部に異常を認めない。腹部では右季肋部から心窩部にかけて固い腫瘤を触知する。下腿に浮腫を認める。全身精査を行ったところ、肺、肝臓、骨それぞれの転移巣はいずれも以前と比べて増大していた。血液所見:赤血球240万、Hb7.9g/dl、Ht23%、白血球8,800、血小板25万。血液生化学所見:総蛋白6.4g/dl、アルブミン2.4g/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、AST 38IU/l、ALT 40IU/l、LD 826IU/l(基準176~353)、尿素窒素15mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、Na130mEq/l、K4.5mEq/l、Cl110mEq/l、CRP 3.3mg/dl。
 対応として適切なのはどれか。

1. 維持輸液
2. 肝動脈塞栓術
3. モルヒネ投与
4. 抗癌化学療法
5. 赤血球濃厚液輸血





71歳の男性。左眼で物がゆがんで見えることを主訴に来院した。3か月前に気付いたが回復しないという。矯正視力は右1.2、左0.4。左眼の眼底写真と光干渉断層法<OCT>の結果を示す。
左眼の治療法として適切なのはどれか。

1. 硝子体手術
2. 放射線治療
3. 網膜光凝固
4. 抗凝固薬内服
5. 炭酸脱水酵素阻害薬内服





22歳の女性。皮疹と発熱とを主訴に来院した。3日前から、感冒様症状に対して市販の総合感冒薬を内服している。総合感冒薬には非ステロイド性抗炎症薬が含まれることは判明しているが、詳細は不明である。昨日から発熱と皮疹とが出現した。意識は清明。身長152cm、体重48kg。体温39.2℃。脈拍84/分、整。血圧104/66mmHg。呼吸数28/分。顔面、四肢および体幹の広範囲の皮膚に紅斑、水疱およびびらんがみられる。水疱とびらんの範囲は体表面積の50%以上である。眼瞼結膜は発赤、眼球結膜は充血している。口腔粘膜にもびらんがみられる。尿所見:蛋白(±)、糖(-)。血液所見:赤血球360万、Hb11.4g/dl、Ht38%、白血球9,800、血小板42万。血液生化学所見:総蛋白5.8g/dl、アルブミン2.8g/dl、AST 64IU/l、ALT 78IU/l、LD 440IU/l(基準176~353)、ALP 250IU/l(基準115~359)、γ-GTP43IU/l(基準8~50)、尿素窒素28mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl。CRP 3.8mg/dl。両手背と腹部の写真を示す。
まず投与する治療薬として適切なのはどれか。

1. 免疫抑制薬
2. 抗TNF-α抗体製剤
3. 副腎皮質ステロイド
4. プロスタグランディン
5. 非ステロイド性抗炎症薬<NSAIDs>





78歳の女性。白内障手術目的で入院中である。1年前から記銘力低下がみられるようになり、Alzheimer型認知症と診断されて薬物療法が開始され、介護サービスを受けながら独居生活を続けていた。数年来の視力低下のために日常生活での支障が大きくなり、白内障手術目的で入院となった。入院翌日、ベッドから起き上がらず、朝食も摂らず、まとまりのないことを小声でつぶやくのみで質問に対してほとんど反応がなかった。身体所見に異常はなく、血液生化学所見でも術前検査と比較して有意な変化はなかった。また、頭部CTでも半年前と比較して新たな病変はみられなかった。
 最も考えられるのはどれか。

1. せん妄
2. 適応障害
3. 解離性障害
4. うつ病性昏迷
5. 急性ストレス障害





28歳の初妊婦。妊娠34週0日。妊婦健康診査で妊娠高血圧症候群と診断され入院中である。身長160cm、体重62kg。体温37.0℃。脈拍72/分、整。血圧154/106mmHg。尿所見:蛋白3.5g/日、糖(-)。内診所見で子宮口は1㎝開大、児頭下降度はSP-3㎝で未破水である。腹部超音波検査で胎児推定体重は1,980g(一1.5SD)で胎児形態異常は認めない。診察中に突然、強直性間代性けいれんを発症した。ジアゼパムの静注によって、けいれんは消失し意識も清明となった。帝王切開を決定しその準備を開始した。この時の胎児心拍数陣痛図を示す。
この時点で投与する薬剤として適切なのはどれか。

1. ペンタゾシン
2. 硫酸マグネシウム
3. 炭酸水素ナトリウム
4. ガベキサートメシル酸塩
5. 麦角アルカロイド(エルゴメトリン)





2歳の男児。早朝から発熱を認め、四肢に皮疹が出現したため母親に連れられて来院した。口腔内に疼痛はあるが、全身状態は良好である。来院時の手の写真を示す。
原因ウイルスはどれか。

1. ライノウイルス
2. アデノウイルス
3. コクサッキーウイルス
4. ヒトパピローマウイルス
5. パラインフルエンザウイルス





76歳の女性。両下肢のしびれ感を主訴に来院した。5週前に両足先のしびれ感を自覚し、その後しびれ感は徐々に上行した。3週前から37℃台の発熱、10日前から両足に紫斑が出現した。5日前からは歩行困難を自覚したため受診した。体温37.2℃。脈拍76/分、整。血圧148/88mmHg。眼瞼結膜は貧血様である。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側の膝下から足先までの痛覚と触覚の低下、両側の足の振動覚と位置覚の低下を認める。徒手筋力テストで右足関節の背屈は2、底屈は4、左足関節の背屈は3、底屈は4と低下している。両側の膝蓋腱反射とアキレス腱反射は消失している。病的反射はない。尿所見:蛋白2+、潜血2+、沈渣に赤血球円柱1~4/1視野。血液所見:赤血球318万、Hb10.1g/dl、Ht31%、白血球9,980(分葉核好中球49%、好酸球5%、単球6%、リンパ球40%)、血小板21万。血液生化学所見:総蛋白7.4g/dl、アルブミン3.2 g/dl、IgG 1,980mg/dl(基準960~1,960)、IgA 297mg/dl(基準110~410)、IgM 113mg/dl(基準65~350)、AST 28IU/l、ALT l6IU/l、LD l77IU/l(基準176~353)、CK 27IU/l(基準30~140)、尿素窒素21mg/dl、クレアチニン1.1mg/dl、Na135mEq/l、K4.4mEq/l、C198mEq/l。CRP 29mg/dl。下肢の写真を示す。
 診断として考えられるのはどれか。

1. 老人性紫斑
2. Goodpasture症候群
3. 顕微鏡的多発血管炎
4. 巨細胞性動脈炎<側頭動脈炎>
5. アレルギー性肉芽腫性血管炎<Churg-Strauss症候群>





« 前ページへ次ページへ »

アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60