108D24 67歳の男性。腹部全体の持続する強い痛みを主訴に来院した。3…

67歳の男性。腹部全体の持続する強い痛みを主訴に来院した。3年前から虚血性心疾患と心房細動とで通院中である。10時間前に腹痛が突然出現し、徐々に増強した。体温36.7℃。脈拍88/分、不整。血圧124/78mmHg。呼吸数16/分。SpO297%(room air)。腹部は全体に膨隆し、腸雑音を聴取しない。腹部全体に圧痛とBlumberg徴候とを認める。血液所見:赤血球512万、Hb16.2g/dl、Ht48%、白血球12,800(桿状核好中球28%、分葉核好中球46%、好酸球2%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球17%)、血小板18万。血液生化学所見:総蛋白7.6g/dl、アルブミン4.6g/dl、総ビリルビン0.6mg/dl、AST 112IU/l、ALT35 IU/l、LD 482 IU/l(基準176~353)、アミラーゼ124 IU/l(基準37~160)、CK 186 IU/l(基準30~140)。腹部造影CTを示す。
 最も考えられるのはどれか。

1. 腸重積症
2. 消化管穿孔
3. 腸管軸捻転症
4. 絞扼性イレウス
5. 上腸間膜動脈閉塞症





最近5年間の我が国の年間妊産婦死亡数はどれか。

1. 約 50人/年
2. 約 100人/年
3. 約 200人/年
4. 約 500人/年
5. 約1,000人/年





65歳の男性。胸部異常陰影を指摘され来院した。既往歴に特記すべきことはない。喫煙は30本/日を30年間。意識は清明。身長170cm、体重62kg。体温36.8℃。脈拍92/分、整。血圧130/84mmHg。呼吸数16/分。SpO298%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球517万、Hb17.0g/dl、Ht50%、白血球6,200、血小板22万。血液生化学所見:総蛋白7.0g/dl、アルブミン4.6 g/dl、総ピリルピン1.1mg/dl、AST 18IU/l、ALT 6IU/l、LD 410IU/l (基準176~353)、クレアチニン1.0mg/dl、Nal45mEq/l、K4.2 mEq/l、Cl108 mEq/l。CRP 0.1mg/dl。呼吸機能検査所見:%VC93%、FEV1%73%。心電図に異常を認めない。初診時の胸部エックス線写真を示す。気管支内視鏡検査を行い左B3から肺生検で腺癌の診断を得た。
 この患者の手術適応を決定する上で有用でないのはどれか。

1. PET/CT
2. 頭部造影MRI
3. 腫瘍マーカー
4. 胸腹部造影CT
5. 腹部超音波検査





小学校の健康診断について正しいのはどれか。

1. 隔年で実施される。
2. 聴力検査は含まれない。
3. 胸部エックス線撮影を行う。
4. 心エコー検査は必須項目である。
5. 学校保健安全法に基づいて行われる。





49歳の男性。右頸部腫瘤を主訴に来院した。7か月前から右頸部腫瘤を自覚していたがそのままにしていた。1か月前から咽喉頭異常感も出現したため受診した。頸部造影CTを示す。
 最も考えられるのはどれか。

1. 喉頭癌
2. 上顎癌
3. 耳下腺癌
4. 中咽頭癌
5. 甲状腺癌





労働者災害補償保険について正しいのはどれか。

1. 休業補償給付は含まれない。
2. 通勤中の負傷は補償対象になる。
3. 保険料は労働者が全額負担する。
4. 保険料は労働者が全額負担する。
5. 保険料は労働者が全額負担する。





52歳の女性。咳嗽と胸痛とを主訴に来院した。5か月前から咳嗽を自覚していた。昨日から吸気時に右胸痛を自覚するようになったため受診した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。毎年秋から冬に猪の生肉を自宅で調理して食べる習慣があった。意識は清明。身長157cm、体重57kg。体温36.5℃。脈拍64/分、整。血圧110/72mmHg。呼吸数16/分。SpO297%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球418万、Hb13.6g/dl、Ht42%、白血球6,300(桿状核好中球2%、分葉核好中球38%、好酸球28%、単球2%、リンパ球30%)、血小板20万。CRP 0.2mg/dl。肺野条件の胸部単純CTを示す。
最も考えられるのはどれか。

1. 肺結核症
2. 肺化膿症
3. 肺吸虫症
4. 肺クリプトコックス症
5. 敗血症性肺血栓塞栓症





8歳の男児。学校へ行きたがらないことを主訴に母親に連れられて来院した。成績は中程度であるものの文字を書くことが苦手で、特に漢字を見本通りに書き写すことができない。このために教師や親から叱責されることが多くなり学校に行きたがらなくなった。友達関係に問題なく、運動も普通にできる。手先はやや不器用であるものの神経学的診察で他に異常を認めない。
この疾患について誤っているのはどれか。

1. 男児に多い。
2. 知能は正常範囲であることが多い。
3. 注意欠陥多動性障害の合併が多い。
4. 成人まで基本症状は持続することが多い。
5. 作業に真剣に取り組ませると書字は改善することが多い。





健康保険法に基づく療養の給付の一環として保険調剤業務を取り扱う薬局をこの法律で何と呼ぶか。

1. 院外薬局
2. 基準薬局
3. 処方薬局
4. 調剤薬局
5. 保険薬局





公費医療の対象とならないのはどれか。

1. 生活保護法による医療扶助
2. 労働基準法による業務上疾病の治療
3. 麻薬及び向精神薬取締法による措置入院
4. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律による措置入院
5. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律による結核患者の入院





« 前ページへ

アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60