108E41 39歳の女性。子宮頸がん検診の細胞診で異常を指摘されたため来…

39歳の女性。子宮頸がん検診の細胞診で異常を指摘されたため来院した。不正性器出血はなかった。初経12歳。月経周期28日、整。膣鏡診で分泌物は白色少量である。酢酸加工後のコルポスコピィの写真を示す。
最も考えられるのはどれか。

1. 子宮頸癌
2. 子宮頸管炎
3. トリコモナス膣炎
4. 尖圭コンジローマ
5. 異形成<子宮頚部上皮内腫瘍>





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60