108E42 30歳の男性。腹部疝痛を主訴に来院した。3週前から全身倦怠感…

30歳の男性。腹部疝痛を主訴に来院した。3週前から全身倦怠感があり、その後、悪心、便秘および食欲不振を伴うようになった。本日、作業中に腹部に刺すような痛みを感じたため受診した。患者は、3か月前から古い塗装された鋼材のガス溶断の作業を行っている。腹部は平坦で、臍周囲に圧痛を認める。腹膜刺激症状を認めない。便潜血反応陰性。血液所見:赤血球414万、Hb10.7g/dl、Ht34%、MCV 81.1fl、MCH25.8pg、MCHC31.8g/dl、網赤血球1.0%、白血球5,800、血小板22万。
異常値を示す可能性が高いのはどれか。

1. 血清Fe
2. 血清葉酸
3. 尿中メタノール
4. 血中メトヘモグロビン
5. 尿中δ-アミノレブリン酸





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60