108E43 30歳の1回経妊1回経産婦。妊娠41週5日。午前6時に陣痛発…

30歳の1回経妊1回経産婦。妊娠41週5日。午前6時に陣痛発来し、午前8時に入院した。妊娠経過は順調であった。入院直後の内診所見では、子宮口は3㎝開大、卵膜を触知し、児頭下降度SP-1㎝で、同時に行った胎児心拍数陣痛図では異常を認めなかった。午前10時に自然破水。午後7時に子宮口全開大し、午後9時50分に3,805gの男児を経膣分娩した。羊水混濁は認めない。Apgarスコアは8点(1分)、8点(5分)であった。午後10時10分に胎盤が自然娩出し、出血量は500mlであった。
この分娩に関して正しいのはどれか。

1. 過期産である。
2. 前期破水である。
3. 第2期遷延である。
4. 巨大児である。
5. 新生児仮死である。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60