108E51 65歳の男性。咳と労作時の息切れとを主訴に来院した。1年前に…

65歳の男性。咳と労作時の息切れとを主訴に来院した。1年前に咳嗽と喀痰とを訴え来院し、右下葉の原発性肺癌と診断された。手術適応がなかったため、抗悪性腫瘍薬による化学療法を施行後、根治を目的に放射線治療を行った。照射終了後6週目に、咳嗽と労作時の息切れとを自覚し受診した。喫煙は20本/日を45年間。意識は清明。身長165cm、体重72kg。体温36.5℃。呼吸数16/分。SpO284%(room air)。右胸部にfine cracklesを聴取する。血液所見:赤血球456万、Hbl3.3g/dl、Ht40%、白血球10,800(桿状核好中球9%、分葉核好中球67%、好酸球1%、好塩基球1%、単球10%、リンパ球12%)、血小板35万。CRP 9.2mg/dl。胸部エックス線写真と肺野条件の胸部単純CTとを示す。
この病態について正しいのはどれか。

1. 発症率は照射総線量に依存しない。

Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60