108E52 33歳の1回経妊1回経産婦。妊娠36週。帝王切開術前の検査の…

33歳の1回経妊1回経産婦。妊娠36週。帝王切開術前の検査のため来院した。2週後の妊娠38週に選択的帝王切開術を予定している。これまでの妊婦健康診査では異常は認められなかった。第1子は妊娠39週で分娩停止のため帝王切開術で出生した。体温36.8℃。脈拍72/分、整。血圧120/70mmHg。内診で子宮口は閉鎖、Bishopスコアは2点である。両下腿に浮腫を認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球386万、Hb11.4g/dl、Ht34%、白血球11,000(桿状核好中球17%、分葉核好中球50%、好酸球1%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球25%)、血小板21万、PT10.0秒(基準10~14)、APTT28.4秒(基準対照32.2)。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン4.8g/dl、総ビリルビン0.6mg/dl、直接ビリルビン0.3mg/dl、AST 28IU/l、ALT 18IU/l、LD 270IU/l(基準176~353)、ALP 350IU/l (基準:115~359)、γ-GTP 36IU/l(基準8~50)、CK 60IU/l(基準30~140)、尿素窒素9mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、尿酸3.5mg/dl、血糖80mg/dl、総コレステロール280mg/dl、トリグリセリド190mg/dl。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。腹部超音波検査で胎児発育は週数相当である。胎児心拍数陣痛図に異常を認めない。
現時点での対応として適切なのはどれか。

1. 経過観察
2. 鉄剤投与
3. 抗菌薬投与
4. 利尿薬投与
5. HMG-CoA還元酵素阻害薬投与





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60