108E53 32歳の初産婦。産褥3日目で入院中である。妊娠38週5日に陣…

32歳の初産婦。産褥3日目で入院中である。妊娠38週5日に陣痛発来し、3,200gの女児を経膣分娩した。分娩時間は15時間で、分娩時出血量は250mlであった。本日朝の体温は37.4℃、悪露は赤色で少量であった。昼食後「血の塊が出た」との訴えがあり診察を行った。腹部の皮膚に縦走する多数の白色の線を、両側下腿に浮腫を認めた。子宮底は臍高で柔らかく触知し、膣鏡診で凝血塊を伴う中等量の血性分泌物と子宮口から持続する少量の出血とを認める。
 対応として適切なのはどれか。

1. 子宮摘出
2. 止血薬の投与
3. 利尿薬の投与
4. 子宮動脈塞栓術
5. 子宮収縮薬の投与





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60