108E59 32歳の女性。健康診断で右水腎症を指摘され精査目的に来院した…

32歳の女性。健康診断で右水腎症を指摘され精査目的に来院した。10年前から数か月に1回右背部に軽い鈍痛を自覚していたが、20分程度安静にしていると軽快していた。右肋骨脊柱角に軽度の叩打痛を認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血1+、沈渣に赤血球1~4/1視野、白血球1~5/1視野。血液所見:赤血球432万、Hb13.6g/dl、Ht43%、白血球6,900、血小板28万。血液生化学所見:総蛋白7.6g/dl、アルブミン4.3g/dl、尿素窒素22mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、尿酸5.8mg/dl、Nal34mEq/l、K3.8mEq/l、Cl105mEq/l。CRP 0.1mg/dl。腹部エックス線写真で尿路結石像を認めなかった。腹部超音波像を示す。
診断のために有用なのはどれか。2つ選べ。

1. PET/CT
2. 腹部単純MRI
3. 逆行性尿路造影
4. 腎シンチグラフィ
5. カラードプラ腹部超音波検査





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60