Blog

心機能検査について正しいのはどれか。

1. Holter心電図は胸部6誘導で行う。
2. 心エコー検査は明るい検査室で行う。
3. 心臓電気生理学的検査〈EPS>は病室で行う。
4. 12誘導心電図の胸部誘導Vlは胸骨右縁第2肋間に電極を付ける。
5. トレッドミル運動負荷心電図では負荷中も連続的に心電図をモーターする。





生後1日の新生児の診察に含まれないのはどれか。

1. 心音の聴取
2. 筋緊張の確認
3. 大泉門の診察
4. Moro反射の確認
5. 膝蓋腔反射の確認





介護保険制度における障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の判定に用いる項目はどれか。

1. 外 出
2. 失 禁
3. 徘 徊
4. 金銭管理
5. コミュニケーション





妊娠中の放射線被ばくについて正しいのはどれか。

1. 胎児の奇形発生には閏くしきい>線量がある。
2. 妊婦の内部被ばくでは胎児への影響はない。
3. 妊娠早期の被ばくは人工妊娠中絶の適応となる。
4. 胎児の奇形発生リスクは妊娠後期の被ばくで高い。
5. 出生後の精神発達遅滞の発症リスクは妊娠後期の被ばくで高い。





疾患と検査の組合せで正しいのはどれか。

1. Behcet病――――――――――――皮膚描記法
2. アナフィラキシー―――――――――皮内テスト
3. アレルギー性鼻炎―――――――――プリックテスト
4. 若年性特発性関節炎<JIA>――――パッチテスト
5. 全身性エリテマトーデス<SLE>――針反応





出産、育児と就労について正しいのはどれか。

1. 妊婦健康診査は就業に差し支えない範囲で行う。
2. 産前休暇は任意の時期に取得できる。
3. 育児休業制度は女性のみが対象である。
4. 育児のために就業時間を短縮することができる。
5. ほとんどの女性が出産後も就労を継続している。





新生児の体液生理について正しいのはどれか。

1. 尿濃縮力は成人と同程度である。
2. 細胞内液量は細胞外液量より多い。
3. 尿細管のNa再吸収能は成人より低い。
4. 体重当たりの不感蒸泄量は成人より多い。
5. 出生後の生理的体重減少は15%程度である。





成人の栄養状態の評価において有用性が低いのはどれか。

1. 腹 囲
2. 血小板数
3. 血清アルブミン値
4. BM<Body Mass lndex>
5. 血清総コレステロール値





角膜内皮細胞の機能はどれか。

1. 感染の防止
2. 房水の取込み
3. 屈折力の増強
4. 角膜実質の再生
5. 角膜透明性の維持





産業医について正しいのはどれか。

1. 処方箋の発行はできない。
2. 労働基準法に定められている。
3. 選任後は地域の保健所に届け出る。
4. 週1回は職場巡視をする義務がある。
5. 労働者50人以上の事業所では選任が義務付けられている。





アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60