107回

72歳の5回経妊5回経産婦。数年前から持続する外陰部違和感を主訴に来院した。外陰部の写真を示す。
この疾患の症状でないのはどれか。

1. 頻尿
2. 尿失禁
3. 帯下増加
4. 性器出血
5. 鼠径部痛





55歳の男性。胸痛を主訴に来院した。3年前から脂質異常症のため外来通院中である。今朝5時に圧迫感を伴う胸痛を布団の中で自覚したため受診した。胸痛は3分間続いたが受診時には自覚症状はない。脈拍72/分。血圧122/80mmHg。心音に異常を認めない。心電図検査を実施しようとしたところ急に胸痛が出現したが、ニトログリセリン錠の舌下投与で速やかに消失した。胸痛出現時と消失後の心電図(A、B)を示す。緊急に施行した冠動脈造影では冠動脈の閉塞や有意な狭窄は認められない。
治療薬で適切なのはどれか。

1. α遮断薬
2. β遮断薬
3. カルシウム拮抗薬
4. アンジオテンシン変換酵素阻害薬
5. 非ステロイド性抗炎症薬〈NSAIDs〉





40歳の女性。皮疹と全身倦怠感とを主訴に来院した。3か月前から顔面、両肘および両手に皮疹が出現した。2週前から四肢の脱力、筋肉痛および全身倦怠感を認めた。意識は清明。身長158cm、体重52kg。体温37.2℃。脈拍72/分、整。血圧120/84mmHg。呼吸数28/分。赤沈38mm/1時間。血液所見:赤血球420万、Hb 11.5g/dl、Ht 40%、白血球4,700、血小板28万。血液生化学所見:CK 1,404IU/l(基準30〜140)。免疫学所見:CRP 0.4mg/dl、抗核抗体80倍(基準20以下)。顔面と手の写真(A、B)を示す。
この疾患で注意すべき合併症はどれか。

1. ぶどう膜炎
2. 間質性腎炎
3. 間質性肺炎
4. 虚血性心筋症
5. 自己免疫性肝炎





不眠症の対処として最も適切なのはどれか。

1. 早寝早起きを心掛ける。
2. 眠くなくても寝床に入る。
3. 目が覚めたら日光を浴びる。
4. 睡眠薬代わりに寝る前に酒を飲む。
5. 昼寝も含めて1日8時間は睡眠をとる。





疾患と病態の組合せで正しいのはどれか。

1. 強皮症——ネフローゼ症候群
2. 混合性結合組織病——肺高血圧症
3. Sjogren症候群——肺門リンパ節腫脹
4. 線維筋痛症——肺胞出血
5. 皮膚筋炎——高血圧緊急症





自己免疫性神経疾患とその治療薬の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 多発性硬化症——抗TNFα抗体
2. 視神経脊髄炎——副腎皮質ステロイド
3. 重症筋無力症——抗コリン薬
4. Guillain-Barre症候群——シクロホスファミド
5. 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎——免疫グロブリン





自閉症について誤っているのはどれか。

1. 精神遅滞を伴う。
2. 感覚過敏を伴う。
3. 3歳までにほぼ症状が出そろう。
4. 言葉の出現と共に意思伝達の障害は改善する。
5. 日常の習慣が変更されることに強い抵抗を示す。





流行性角結膜炎について正しいのはどれか。

1. エンテロウイルスが原因である。
2. 潜伏期は1〜2日である。
3. 膿性眼脂が特徴である。
4. 角膜上皮下混濁を生じる。
5. プロスタグランディン関連薬の点眼治療を行う。





出生直後の新生児。在胎42週3日、2,980gで出生した。生後1分で全身チアノーゼを認め、頻呼吸で、口腔内と鼻腔内とを吸引しても顔を全くしかめず泣かない。心拍数80/分で体動を認めない。羊水は緑色に混濁していた。口腔と鼻腔内から緑色の粘稠な液体を吸引し、酸素吸入を行ったが、児の状態は改善しなかった。
直ちに行う処置はどれか。

1. 保温
2. 胃管挿入
3. 胸腔穿刺
4. 気管内吸引
5. 静脈路の確保





眼底出血をきたすのはどれか。

1. 黄斑円孔
2. 網膜色素変性
3. 加齢黄斑変性
4. 中心性漿液性脈絡網膜症
5. 卵黄状黄斑ジストロフィー