107回

この精神障害の原因として最も考えられるのはどれか。

1. 貧血
2. 高血糖
3. 高尿酸血症
4. 高カルシウム血症
5. 低アルブミン血症





非ステロイド性抗炎症薬〈NSAIDs〉による活動期消化性潰瘍の治療薬として最も適切なのはどれか。

1. 抗菌薬
2. 制酸薬
3. 抗コリン薬
4. 副腎皮質ステロイド
5. プロトンポンプ阻害薬





乳癌の治療薬として適切でないのはどれか。

1. エストロゲン
2. LH-RHアゴニスト
3. アロマターゼ阻害薬
4. 分子標的薬(トラスツズマブ)
5. アントラサイクリン系抗悪性腫瘍薬





この精神障害に特徴的なのはどれか。

1. 睡眠は良好である。
2. 記銘力は保たれる。
3. 意識は清明である。
4. 症状は変動しやすい。
5. 根本的な改善は期待できない。





肝炎をきたすウイルス感染症とその診断に必要な抗体検査の組合せで誤っているのはどれか。

1. A型急性肝炎——IgM型HA抗体
2. B型急性肝炎——HBe抗体
3. C型慢性肝炎——HCV抗体
4. 伝染性単核症——VCA IgM抗体
5. サイトメガロウイルス感染症——CMV IgM抗体





純音聴力検査の結果を示す。
考えられるのはどれか。

1. C5dipがみられる。
2. 気導骨導差がみられる。
3. 補充現象が陽性である。
4. めまいを伴うことが多い。
5. 語音明瞭度が著しく障害される。





緊急性の判断に最も重要な質問はどれか。

1. 「夜はよく眠れますか」
2. 「胸がドキドキすることはありますか」
3. 「家族に同じような症状の人はいますか」
4. 「最近はどのような時に胸が痛みますか」
5. 「生活でストレスを感じることはありますか」





二次性赤血球増加症の原因とならないのはどれか。

1. 喫煙
2. 脱水
3. 睡眠時無呼吸症候群
4. 蛋白同化ホルモン薬
5. エリスロポエチン産生腫瘍





四肢の脱力と感覚障害とを訴える患者の頸椎MRIのT2強調矢状断像を示す。
考えられるのはどれか。2つ選べ。

1. 髄膜腫
2. 神経膠腫
3. 視神経脊髄炎
4. 脊柱管狭窄症
5. 椎間板ヘルニア





この患者に合併しやすい疾患を念頭において身体診察を行うこととした。
重要度が低いのはどれか。

1. 両側の頸部の聴診
2. 両側上肢の血圧測定
3. 起立時の血圧測定
4. 上腹部の聴診
5. 足背動脈の触診





アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60