107回

感染症と腎病変の組合せで正しいのはどれか。

1. HIV感染症——紫斑病性腎炎
2. C型慢性肝炎——慢性間質性腎炎
3. 緑膿菌感染症——IgA腎症
4. 溶連菌感染症——巣状分節性糸球体硬化症
5. 腸管出血性大腸菌感染症——溶血性尿毒症症候群





急性期の虚血性脳血管障害の患者にt-PA〈tissue plasminogen activator〉治療を行う上で聴取すべきことはどれか。2つ選べ。

1. 発症の時刻
2. 最終飲食の時刻
3. 高血圧症の既往
4. 歯科治療の既往
5. 頭蓋内出血の既往





治療の緊急度を判定する上で重要なのはどれか。

1. 下顎反射
2. 対光反射
3. 輻輳反応
4. 膝蓋腱反射
5. Babinski徴候





男児の左肘のエックス線写真(A、B)を示す。
診断として正しいのはどれか。

1. 肘関節脱臼骨折
2. Monteggia骨折
3. 上腕骨顆上骨折
4. 上腕骨外側顆骨折
5. 上腕骨遠位骨端離開





新生児壊死性腸炎について正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 腹部が膨満する。
2. 人工乳が発症を予防する。
3. 正期産児で発症頻度が高い。
4. 疑った段階で直ちに開腹手術を行う。
5. 腹部エックス線写真で腸管壁の気腫像がみられる。





頭部単純CTを示す。
このCTでみられるのはどれか。

1. 動脈瘤
2. 塞栓子
3. 脳幹出血
4. 動静脈奇形
5. くも膜下出血





両側乳房の腫大が認められる7歳の女児に対して、診断のためまず行うべき検査はどれか。

1. 頭部MRI
2. 血中hCG測定
3. 腹部超音波検査
4. 手エックス線撮影
5. 血中プロラクチン測定





性器クラミジア感染症の男性における合併症はどれか。2つ選べ。

1. 骨盤腹膜炎
2. 間質性膀胱炎
3. 精巣上体炎
4. 前立腺炎
5. 亀頭包皮炎





産科DICを起こしにくいのはどれか。

1. 子癇
2. 弛緩出血
3. 羊水塞栓症
4. 胎盤機能不全
5. 常位胎盤早期剥離





躁状態の患者の発言と考えられるのはどれか。

1. 「夜なかなか寝つけません」
2. 「夜中に何度も目が覚めます」
3. 「寝ていると金縛りにあいます」
4. 「夜は眠らなくても大丈夫です」
5. 「脚がむずむずしてよく眠れません」